アントシアニンで網膜の疲れ予防。抗酸化作用で加齢黄斑変性症対策に。



網膜疲れを抑制するアントシアニン。

アントシアニンは網膜の光や色を検知するロドプシンの働きを促し、

加齢黄斑変性症の予防と改善をサポート
してくれます。


ブルーベリーに含まれるアントシアニンで加齢黄斑変性症を回避!


アントシアニンはブルーベリーやビルベリーに含まれており、

特にビルベリーには多くのアントシアニンが含まれています。



これらを摂取しておくと、夕方の目のかすみや、

目の疲れを防いでくれます。




目の疲れやかすみ目


夜になると暗くなったせいか?

ものが見えづらくなります。

これはロドプシンの働きが悪くなったのも原因の一つであり、

それによって疲れ目も発症します。


アントシアニンを摂取しておくことで、

疲れ目が発生しにくくなるのです。




そんなアントシアニンは、

1日あたりどの程度摂取すると良いでしょうか?


答えは・・・1日あたり40mg程度の

摂取が好ましいとされています。



では、40mgを摂取するのに、どれくらいの

食べ物が必要なのでしょう?


アントシアニンは紫っぽい植物には

ほぼ全て含まれています。


紫キャベツでアントシアニン補給して加齢黄斑変性症改善


例えば紫キャベツや紫玉ねぎでは、

紫色の部分を摂取する必要があります。


紫キャベツの場合、紫色は葉っぱだけで、

ジクの部分は白いです。

上の写真の通り、断面は結構白いですね。。。

ということで、アントシアニン摂取はあまり期待できません。



紫玉ねぎでアントシアニン補給


紫玉ねぎも同様で、紫色をしているのは

表面だけですね。

しかも色も薄いので、ほとんど摂取できません。




となると、やはりブルーベリーやビルベリーに

頼るしかありません。




アントシアニンで加齢黄斑変性症予防


生のブルーベリーですと、100g食べることで、

40mgのアントシアニンが摂取できます。

でも、生のブルーベリーって、

あまり売っていないですし、

冷凍もあったりしますが、

そのまま食べてもあまり美味しくありませんよね。。。

継続するのは困難だと思います。





ドライブルーベリーで加齢黄斑変性症を改善しましょう


ドライタイプは甘くって、味も濃厚で美味しいですよね!

これなら15g食べれば良いです。

ですけど、これも150gで1000円とか。

ブルーベリーだけで1日あたり100円???

毎日継続するのはちょっとお金が。。。




ということで、私がおすすめするのはサプリメントです。

しかも最近はブルーベリー(アントシアニン)だけでなく、

その他にも目に良い成分がまとめて入っている
場合が

多くあります。



そのなかでもオススメなのが

この「みやびのビルベリープレミアムα」です。


みやびのビルベリープレミアムαで加齢黄斑変性症を予防


みやびのビルベリープレミアムは、

ブルーベリーやビルベリーでアントシアニンが十分に摂取できます。

それに加えルテインも十分に摂取
できます。

それ意外にも目や網膜に良い成分を

たっぷり摂取できるのに、

たったの1500円程度で購入できてしまいます。


定期コースで注文すると、送料がかからず、

しかもお気に召さない場合、1回で

解約できて安心です。



ビルベリープレミアムは公式サイトでの購入するとお得です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://shop-miyabi.com/lp/bilberry/


(楽天やアマゾンで購入するよりオトク!)





加齢黄斑変性症対策&予防サプリメント!ルテイン、アントシアニン、DHA