カロテン摂取で加齢黄斑変性症予防。粘膜強化で網膜耐性UP


緑黄色野菜でβカロテンをしっかり摂取して、

加齢黄斑変性症を改善しましょう。

野菜ジュースでも補給できるβカロテン!

加齢黄斑変性症の対策にどうぞ。


野菜ジュースでも補給できるβカロテンで加齢黄斑変性症改善


皮膚や粘膜を丈夫にし、免疫力を高める効果があると言われている「βカロテン」

ニンジンやかぼちゃなどの緑黄色野菜に多く含まれます。


誰もが知っている「緑黄色野菜は健康に良い」

実際にその健康効果は

・視力の向上や改善

・黄斑変性症の予防

・夜盲症の対策に

・粘膜を健康に保つ

・肌荒れ予防

・がんの予防・抑制

基本的に細胞や粘膜に関係する要素が多いです。

その中でも特に目に関連する項目が多いですね。


加齢黄斑変性症の予防や、発症してしまった場合には、

βカロテンは欠かせない成分です。

しっかり緑黄色野菜を摂取して加齢黄斑変性症

対策をしましょう!



ここでカロテンの基礎知識について。

実は、カロテンにはα(アルファ)とβ(ベータ)が

あるのですが、ご存知でしょうか?


我々が食事で摂取するのは主にβ−カロテンの方です。

αカロテンもニンジンやかぼちゃで摂取でき、

体内でビタミンAに変換されます。

いずれも抗酸化作用があるのですが、

αカロテンの方が抗酸化作用は強いと言われています。

しかしながら摂取できる量は圧倒的にβカロテンが多いため、

「カロテン=βカロテン」という位置づけになっています。

これ以降、カロテンと表記した場合はβ−カロテンのことを指します。


βカロテンを摂取する緑黄色野菜



ビタミンAは目に良い成分で、

加齢黄斑変性症には必須成分
です。

ただしビタミンAは脂溶性なので、過剰摂取の問題があります。

過剰摂取すると食中毒のような症状や、

皮膚障害も考えられます。

必要以上の摂取は避けなければなりません。



その点、カロテンの場合は過剰摂取の心配がありません。

カロテンはカラダに必要な分だけビタミンAに変換され、

それ以外は脂肪組織に蓄えられます。

緑黄色野菜を毎日摂取していれば、

カラダも健康になれますし、カロテンも十分摂取できて

一石二鳥です。




また、先述のとおり、

ビタミンAには目の粘膜だけでなく網膜の健康増進に

大いに役立つことが知られています。



現代人は毎日パソコンに向かって仕事をしています。

夕方になると現れる疲れ目。

ビタミンA・カロテンを十分に摂取しておくと、

目や網膜の働きがサポートされ、健康な目を維持する効果も得られます。

加齢黄斑変性症の予防、発症後には是非とも

ビタミンA・カロテンの積極的な摂取をオススメします。


緑黄色野菜がどうしても摂取できな人は、

サプリメントに頼るのも一つの方法です。

最近はドラッグシトアに行けば、

大抵の店舗で販売しているので、是非とも一度お試しください!




加齢黄斑変性症対策&予防サプリメント!ルテイン、アントシアニン、DHA