ぐっすり眠って加齢黄斑変性症を改善&予防。網膜ダメージを最小限に。



しっかり眠って加齢黄斑変性症を改善


加齢黄斑変性症と睡眠の関係は?


現代人の目は疲弊しています。

1日中、テレビやパソコン、スマホを眺めているし、

昔と比べてとにかく情報が多い。


加齢黄斑変性症予防でスマホ控え


これだけ目を酷使していれば、

目が疲れて悲鳴を上げるのは当然です。



それを回復してくれるのが睡眠。

最近の統計では、7時間位眠る人が最も長生きである。

意外に9時間や10時間とたっぷり眠る人よりも

7時間睡眠くらいのほうが長生きだと言うのです。


ベッドでぐっすり眠ると加齢黄斑変性症も改善する



では、目にフォーカスしてみると、

目の場合は、できるだけ長時間眠る方が有利と考えられます。


・・・といいますのも、

眠っている間は(ほぼ)100%の人が目をつぶります。




目が開いていると、水晶体で光を屈折し、

網膜の中心部に光が集まります。



水晶体は虫眼鏡の役割をしています



虫眼鏡のように光が集まる部分が網膜の中心部であり、

その影響でsの光が集まっている部分に異常血管が発生して

加齢黄斑変性症になってしまうわけです。


ということで

長時間睡眠が加齢黄斑変性症に与えるメリット一つ目は、

「とにかく目を休ませることができる」
です。



そして、長時間睡眠の2つ目のメリットは

「新陳代謝が活発に進む」
ことです。

新陳代謝が進むと目の細胞も新しく生まれ変わってくれます。

当然、網膜の細胞も新しく生まれ変わり、

加齢黄斑変性症の予防にもなりますし、

発生してしまった加齢黄斑変性症にも

良い影響を与えます。

(もちろん、正しい時間に眠る必要があります)




加齢とともに睡眠時間は短くなります。

睡眠時間が短くなるし、睡眠も浅くなるので、

なんだか眠ること自体が億劫になる場合もあります。

「眠りたいのに眠れない」


体を適度に動かしたり、

食べ過ぎに注意したりすることで、

眠りの質を改善することはできます。



しかしながら、それだけでは眠りが改善しない場合は

サプリメントに頼るのも一つの方法です。




サプリメントにもいろいあるのですが、

私が最もおすすめするのがこの

「リフレのぐっすりずむ」です。


リフレのぐっすりずむで不眠症を改善


このぐっすりずむには、

機能性関与成分であるL−テアニンが含まれています。

これは緑茶に含まれる精神安定成分で、

気持ちを落ち着かせてくれます。


一般的に睡眠成分というと、睡眠薬を思い出しますが

睡眠薬は少なからず副作用があるし、

しかも無理矢理眠らせるので、

朝の目覚めはあまり良くありません。


このぐっすりずむは天然成分由来で作られているので、

副作用なく、ぐっすりと眠れます。


実際に試した私が言うのですから間違いありません。


睡眠が浅くて悩んでいるなら、試してみてください。

・早朝覚醒

・中途覚醒

・熟眠障害

・入眠障害

いずれにも有効です。



リフレのぐっすりずむを最安値で購入するならこちらで!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://hc-refre.jp/





加齢黄斑変性症対策&予防サプリメント!ルテイン、アントシアニン、DHA