メグスリノキの目の疲れ予防効果。加齢黄斑変性症にもオススメ!


メグスリノキは、煎じて目薬としても、飲んでも

目に良い成分が含まれまている、まさに目薬の木。

加齢黄斑変性症は目の疲労回復で悪化を予防できるので、

是非ともおすすめです。


加齢黄斑変性症対策にメグスリノキ!


メグスリノキは世界中で日本にだけ自生しているカエデ科の落葉樹。

カエデ科ですから、5枚の葉っぱと思いきや、

葉っぱは3枚。

そして青々と繁った葉っぱが特徴的です。



メグスリノキはカエデ科。

カエデ科ならそこいら中に生えていそうですが、

実は山にしか生息しません。

標高500〜1000m付近に多く生息しています。

木の大きさは10m以上になるものもあります。

普段あまり目にすることはできず、

登山に行くと、意識していれば見つけることもできます。



メグスリノキは家庭でも育てることはできますが、

寒さに弱いので、寒い地域では、

暖かくなってからスタートする場合が多いようです。

また、いくつかのコツもあるので、

ズブの素人には少々生育は難しいです。




メグスリノキはその名前の通り、

戦国時代や江戸時代の頃から利用されています。

点眼としても、飲用としても。

飲用する場合は、主に肝臓に有効です。

肝臓と目は密接な関係にあり、肝臓が元気になれば、

目の健康も保たれます。

逆に肝臓が悪いと目にも悪影響が出てくる場合が多いです。

(江戸時代に加齢黄斑変性症が存在会いしたかは? ですね)



メグスリノキは葉っぱの形が特徴的です。

葉っぱには、目に良い成分が含まれています。

ですが、実は葉っぱだけでなく、

樹皮や、幹、枝も目に良い成分や

カラダに良い成分があります。



まずは葉っぱ。

メグスリノキの葉っぱには主に動脈硬化に良いとされます。

命にかかわる動脈硬化。

加齢や不摂生で発症しやすいですが、

βアミリンやクエルセチン、クエルチトリン等が、

血管を柔らかくする効果があるとされ、

メグスリノキである程度は対策ができます。



次に樹皮。

樹皮は、目と密接な関係にある肝臓の健康に役立ちます。

肝臓に有効な成分はロドデンドロールで、

解毒作用も有り、肝炎の対策にもなります。



そして、枝や幹には目に直接良い成分が含まれています。

こちらもロドデンドロールが目の疲れや

肝臓の健康に有用です。

毎日少しずつでも継続することで、

メグスリノキの健康にあやかることができますね。




メグスリノキには、それぞれの効能で得意分野があリますが、

総じて肝臓と目に良い成分が多いので、

「メグスリノキ」といった命名になっているようです。



天然成分ですから、基本的には副作用無く、

安心して加齢黄斑変性症の対策を継続することができます。



一時的に視力を回復する効果から、

肝臓からアプローチする長期的な目の健康サポートにも

有用です。




メグスリノキは、サプリメントでも摂取出来ます。

ただし、加齢黄斑変性症には、

ルテインの摂取が重要になりますので、

ルテイン、メグスリノキが同時に摂取できる

「ビルベリープレミアムα」がオススメ。


加齢黄斑変性症対策にビルベリープレミアムα


1月分が1500円以下で継続できるオススメサプリです。

徐々に悪化する加齢黄斑変性症の対策としてどうぞ。



私も愛用中のビルベリープレミアム。

是非一度お試しください。

その回復成分の効率摂取に驚きです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

https://shop-miyabi.com/lp/bilberry/



加齢黄斑変性症対策に、ビルベリープレミアムαをどうぞ!


加齢黄斑変性症対策&予防サプリメント!ルテイン、アントシアニン、DHA