ビタミンBで加齢黄斑変性症対策。目の疲れを解消!


加齢黄斑変性症対策の一つにビタミンB摂取があります!

豚肉に多く含まれるビタミンBで

眼精疲労を予防して、加齢黄斑変性症の予防&発症後対策を!


加齢黄斑変性症対策のビタミンBを豚肉で


ビタミンBの最大のメリットは、

なんといってもその疲労回復。

夜眠る前に飲むと、びっくりするぐらい

翌朝の疲れが吹っ飛びます。

歳を重ねるにつれて、眠りが浅くなって、

朝起きた時の爽快感は殆ど無くなってしまいます。

そんな時はビタミンBをたっぷり摂取しておくと、

朝起きた時の体の疲れがなく、

本当に若返った気持ちになれます。


美容にも良いと言われています。

糖分をしっかり分解してエネルギーに変換してくれます。

「エネルギー変換=ダイエット」にもつながります。



サプリメントですと「ビタミンBミックス」や「ビタミンB群」

といった形で販売されているものが多いです。

いずれも近所のスーパーやドラッグストアで

1ヶ月分が300円程度で購入できるので、

ぜひ一度お試しいただきたいです。



ところで、ビタミンBには数多くの種類があります。

ビタミンB1、B2、B6、B12、

ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン。


概ね耳にしたことがある成分ばかりではないでしょうか。

ここで加齢黄斑変性症に効果のありそうな、

目の健康に役立つ成分に特化して確認してみます。


○ビタミンB1

・視神経の働きを助ける

・眼精疲労を予防する

・目の疲れをとる

・目の周辺の筋肉の疲れを取る


○ビタミンB2

・角膜炎の予防

・目の働きを助ける

・不足すると結膜炎や目の充血といった症状が現れる


以上、目に直接働くのはビタミンB1とB2ですが、

これらは単独ではその効果が得られにくいです。

ビタミンB1やB2がしっかりと働くには、

ビタミンB6やビタミンB12が必要になります。




ここで1つ忘れてはいけないのが、

ビタミンBの効果の継続性。

ビタミンBはいずれも水溶性で、

過剰摂取しても不要な分は排出されます。

しかしながら、逆に毎日摂取しないと、

その効果が得られません。


過剰摂取しても尿から排出されるために、

毎日サプリメントで摂取するこのがオススメです。


ビタミンBで目の疲れを取り去り、加齢黄斑変性症対策を



神経細胞は体内の糖からエネルギーを得ています。

脂肪のような効率の悪いところからエネルギーを

得ることはできません。


ビタミンBは糖の代謝を促進する成分で、

神経細胞の働きをサポートします。

当然、神経細胞のうちの一つである視神経の働きも

サポートしてくれます。



そういった面からも、ビタミンBは

眼精疲労の予防、疲労回復に良いです。


サラリーマンは1日中パソコンやスマホの画面で

目を酷使しているので、是非とも積極的に摂取して

眼病予防、加齢黄斑変性症の予防を進めて欲しいですね!


加齢黄斑変性症を改善して視力回復


目の疲労回復をすることで、

加齢黄斑変性症も遠ざかります。

若返った目で、快適な生活を。




加齢黄斑変性症対策&予防サプリメント!ルテイン、アントシアニン、DHA