亜鉛の摂取で加齢黄斑変性症を防ぐ。網膜細胞の再生を確実に。


牡蠣には亜鉛がたっぷり。

海のミルクで亜鉛をたっぷり摂取して加齢黄斑変性症を

予防し、発症した加齢黄斑変性症の回復に期待しましょう。


牡蠣の摂取で亜鉛補給して加齢黄斑変性症予防


亜鉛は特に男性にとって重要な成分です。

不足すると・・・

味覚異常、疲れやすい、口内炎できる、

風邪をひきやすくなるなどなど。

亜鉛の摂取で、抜け毛、薄毛にも効果あり、

精力アップ作用もあると言われています。



あまり知られていないかもしれませんが、

亜鉛は目にとっても、非常に重要な成分です。

網膜の形成に重要な役割を果たしている
ので、

加齢黄斑変性症の予防や、

加齢黄斑変性症が発症してしまった場合にも有効です。



加齢黄斑変性症は網膜に異常血管が発生することは

ご存知だと思います。

もう少し具体的に説明すると、

網膜の後ろにある脈絡膜から新生血管ができてしまう病気です。

普段から網膜を酷使していると、網膜が疲弊し、

その部分に新たな不要な血管ができてしまい、

網膜が剥離したり、網膜の機能が失われたりしてしまいます。



いずれにしても、網膜が弱くなると発生しやすい病気です。


そんな時は、亜鉛を摂取すると良いです。


牡蠣で亜鉛補給して加齢黄斑変性症予防


亜鉛は網膜の形成に非常に重要な成分です。


不足すると、加齢黄斑変性症のリスクが高まります。

その他にも白内障や、緑内障といった、

一般的な目の病気にかかりやすくなってしまいます。


日常生活では、暗いところで見えにくくなったり、

更には、夜になると目が疲れやすくなったりします。


亜鉛は神経伝達物質の一つです。

その亜鉛が不足することで、

視神経の伝達も悪くなり、周囲が見えにくくなったりもします。


亜鉛は、人間の体内に約2g存在しています。

全身の形成に重要な役割を果たしていて、

特に細胞形成やDNA、タンパク質の合成に役立っています。



亜鉛は皮膚の形成にも関与しており、

肌荒れをはじめ、毛髪の形成にも有効です。

亜鉛の摂取は、薄毛や抜け毛の対策にもなります。


特に男性の薄毛は避けて通れないものですが、

加齢黄斑変性症予防と一緒に、亜鉛をたっぷり摂取して下さい。




しかしながら亜鉛は尿や汗から排出されやすいので、

毎日継続的に摂取する必要があります。


また、運動や加齢でも亜鉛不足になりやすいです。



日本人は目標摂取量の70〜80%しか

亜鉛を摂取できていないと言われています。



牡蠣を毎日食べるわけにもいかないので、

サプリメントでの摂取がオススメです。

最近はドラッグストアやコンビニでも

販売しているので、是非とも試してみることをオススメします。




加齢黄斑変性症対策&予防サプリメント!ルテイン、アントシアニン、DHA