ドライアイや目まいの原因はスマホやパソコンの使い過ぎ?


〜ドライアイや目まいの原因はスマホやパソコンの使い過ぎ?〜


ドライアイ原因


仕事上パソコンを使う機会が増え、

現代人の多くが目の疲れを感じているようで、

頭痛や目まい、吐き気、ドライアイといった

眼精疲労に悩む人も多いようです。


また、日常的にパソコンやスマートフォンを使うことによって、

画面を凝視してしまう時間が長くなり、

瞬きの回数が少なくなるため、目の表面が乾くドライアイになりがちです。


当然網膜にもダメージが蓄積されるので、

パソコンやスマホのやり過ぎには注意しましょう!


ではでは、パソコンやスマホによる目の機能低下を防ぐには、

どうすればよいのでしょうか。




・目の機能の回復方法10選


目の機能回復10


もはや日常生活にパソコンやスマートフォンが欠かせないなら、

自己防衛をするしかありません。

次の10の方法から自分に合ったものをチョイスして、

目の不調の予防を改善しましょう。


以下のうち可能な範囲でスタートしてドライアイを防ぎ、

網膜を大切にし、加齢黄斑変性症を予防しましょう!


少しでも毎日継続することが

ドライアイの予防になります!



@ サングラスをかける

外出時は、目から入る紫外線を減らすためにサングラスをかける。


A 暴飲暴食を慎む

肝臓に負担がかかり目にも悪影響を与えるので、腹八分目を心がける。


B ストレス解消

精神的なストレスからも目の機能は低下するので、

自分なりのストレス解消法をいくつかみつける。


C 規則正しい生活

自律神経が乱れると目のトラブルがおこりがちなので、

朝起きる時間を決める、朝日を浴びる、

良質な睡眠をとるなどを心がけ、規則正しい生活をする。


D 深呼吸

目の酸欠状態をさけるため、仕事の合間にも深呼吸をおこなう。

ドライアイが軽減します。


E マッサージ

目の疲れを感じたら目のまわりを軽く押したり、

こめかみを抑えるなど簡単なマッサージをおこなう。

マッサージで涙が発生し、ドライアイ対策に!


F 目と脳のリセット

ピントが合いにくくなったら、目と脳をリセットする。

手洗いなどに立ったついでに背伸びや肩の上げ下げなど

簡単なストレッチと、遠くの景色を眺めるようにする。


G 目のパック

一日の終わりに、目が疲れたときには暖かいタオルで温パックを、

白目が充血しているときは冷パックをする。


H ヘッドマッサージ

目の機能回復には、ヘッドマッサージが効果的です。

頭皮が柔らかくなると目の血流がアップします。

血流アップはドライアイ対策の基本です。


I 目を元気にする食べ物を積極的に摂る。

ルテインを含む緑黄野菜やアントシアニンを含むブルーベリー、

ビタミンAを含むニンジンやレバー類、

ビタミンCを含む柑橘類やブロッコリーやパセリなど、

ビタミンB1を含む豚肉やゴマ、ビタミンB2を含む焼きのり、

ビタミンEを含むアーモンドなどを摂る。


できることから始めて、ドライアイを防ぎ、

網膜を大切にし、加齢黄斑変性症を予防しましょう!




・まとめ


ドライアイまとめ


スマホやパソコン作業は、根をつめておこなうと、

ドライアイだけでなく体全体の機能低下の原因になってしまいますが、

ほんの少し気をつけるだけで、予防と改善ができます。


また、スマホやパソコンを長時間使うと、

網膜に長時間ブルーライトを浴びることになります。

加齢黄斑変性症にはデメリットばかりで、

良いことは一つもありません。


ドライアイや、目まい、頭痛、吐き気などのひどい眼精疲労を

引き起こす前に、生活習慣を見直し、

早めの対策をして目や網膜を守りましょう。



ドライアイの改善と並行して、

サプリメントで加齢黄斑変性症対策を!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

加齢黄斑変性症対策&予防サプリメント!ルテイン、アントシアニン、DHA