サングラスで強い光やUVをカット。加齢黄斑変性症予防の基本です!


加齢黄斑変性症予防の基本。

晴れた日に外出する場合は、サングラスを忘れずに!


加齢黄斑変性症対策のサングラス


帽子もセットでさらにUVカット!


加齢黄斑変性症は、網膜の疲労やストレスが原因です。

網膜の後ろにある脈絡膜から新生血管が発生して

網膜の機能が失われる目の病気です。


網膜は、1年中光にさらされています。

光には弱い光や強い光、

赤い光や青い光もあります。

太陽光には様々な波長の光が含まれていて、

中には紫外線も含まれています。


紫外線を予防して加齢黄斑変性症を退治!


紫外線は水晶体や網膜の近辺で活性酸素を作り出し、

その活性酸素が細胞を痛めつけます。

抗酸化成分であるアスタキサンチンなどの摂取で、

活性酸素の対策にはなります。


抗酸化成分は加齢黄斑変性症の予防には

積極的に摂取すべき成分です。



しかしながら、もっと簡単な紫外線の予防法、

それはサングラスをかけることです。


正直、どんなサングラスでも良いと思います。

一般的にサングラスは紫外線をほぼ100%カットしてくれるので、

サングラスをかけておいて損はありません。


安いものでは、高いものでも、

おしゃれでもおしゃれではなくても、

黒でも透明でも、

そのUV遮蔽効果に大差は無いと思います。


また、最近ではパソコンやスマホのブルーライトも

問題となっており、

ブルーライト対策用のサングラスも販売しています。


実際にブルーライト用サングラスをして

パソコン作業をしていると、

夕方になっても疲れが出にくいのが特長です。

加齢黄斑変性症の予防にも非常に有効です。



サングラスをすることで、活性酸素を防ぎ、

網膜の劣化を防ぐ。

そうすることで加齢黄斑変性症の予防にもなります。


若い頃は多少のUVを浴びても

新陳代謝で回復されます。

しかし加齢とともに新陳代謝は効率が悪くなり、

網膜に受けたダメージが蓄積して、

加齢黄斑変性症を発症してしまうのです。


もちろん、加齢黄斑変性症を発症してしまった人にも、

サングラスは有効です。

少しでも網膜を疲れさせないため、

そして紫外線による活性酸素を予防するためにも

サングラスやブルーライト用サングラスがオススメです。




目は一生使うものです、

少しでもいたわって、加齢黄斑変性症の進行速度を遅くしましょう。

あらゆる対策を積み重ねることで、

加齢黄斑変性症を回復することも可能です。


そして、日の当たるところではサングラスを忘れずに。





こちらで、加齢黄斑変性症対策を片っ端から試してみて下さい!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

加齢黄斑変性症対策&予防サプリメント!ルテイン、アントシアニン、DHA