ビタミンAは網膜の重要成分。動物性・植物性食品からバランス良く!


〜ビタミンAは網膜の重要な成分〜


ビタミンAは網膜に重要


網膜は、眼球壁のもっとも内側にある膜で、

光を感じとる働きをしています。

目の仕組みは、よくカメラにたとえられますが、

レンズの役目をするのが水晶体、しぼりの役目をするのが

虹彩、フィルムにあたるのが網膜です。

ビタミンAは、網膜の働きと密接な関係があり、

不足すると薄暗いところで目が見えにくくなります。 




・ビタミンAは光を感じる主成分


ビタミンAは光を感じる


ビタミンAは皮膚や粘膜を正常に保ち、

免疫力を維持する働きがあり、目の健康にも重要な栄養成分です。

人は、暗いところでもわずかな光があれば、

目が慣れてきて物が見えるようになりますが、

これは網膜の物質「ロドプシン」が働いているからです。

ビタミンAは、ロドプシンの主成分となります。


そのためビタミンAが不足すると、

ひどい場合は夜盲症(鳥目)になってしまいます。




・ビタミンAは動物性食品と植物性食品からバランスよく摂りましょう


ビタミンAは動物性とバランス


レバーやウナギなどの動物性食品は、

効率よくビタミンAを摂取することができますが、

コレステロールを上げる動物性脂肪も摂取してしまいます。


一方、緑黄色野菜に含まれるビタミンAは、

効率は良くありませんが、抗酸化力にすぐれています。

理想的な摂取量は、動物性食品1に対して植物性食品6です。


ビタミンAの多い食品は動物性食品は、

鶏、豚、牛のレバー、アンコウの肝、銀ダラ、アナゴ、ウナギのかば焼きなどです。

植物性では、ニンジン、カボチャ、ホウレン草、

春菊、小松菜、チンゲン菜、干し柿、プルーンなどがあります。


(緑黄色野菜に多いβカロテンは体の中でビタミンAに変わります)




・恐るべしニンジンパワー


恐るべしニンジンパワー


ニンジンの赤はカロテンの色ですが、

カロテンだけでなく、カリウム、カルシウム、ビタミンCも

含んでおり、眼精疲労や夜盲症、

ドライアイなどの予防と改善に効果的に働きます。


免疫力アップ効果や老化防止効果もあるので、

目の機能向上だけでなく、美肌効果も期待できます。

ニンジンは油といっしょに摂ると吸収力が高まりますが、

ニンジンの薬効成分は、皮の下に最も多く含まれているので、

なるべく皮も一緒に食べるようにしましょう。



・まとめ


ニンジンまとめ


目や皮膚の健康を守り、免疫力を上げる働きをする

ビタミンAをしっかり摂ることで、目や鼻、

のどなどから病原菌が侵入するのを防いでくれます。


意識して毎日ビタミンAを摂ることで

目のトラブルだけでなく、風邪などの感染症にも

かかりにくくなります。


ビタミンAは、身近な食べ物にも多く含まれるので、

工夫して摂取するようにしましょう。



 

こちらで、加齢黄斑変性症対策を片っ端から試してみて下さい!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

加齢黄斑変性症対策&予防サプリメント!ルテイン、アントシアニン、DHA